男性保育士登場!保育の現場は女性だけのものじゃない

男性保育士って、どのくらいいるの?

今まで長い間、女性の職場と思われていた保育の現場に、男性保育士が登場しています。しかし、実際にはまだ全体の3%程度でとてもメジャーな存在とは言えません。理由の一つには求人の少なさがあり、あえて男性を募集しいているところはごくわずかです。男女に関わらず募集しているように見えて実は女性を募集していることも多く、男性の希望者にはフロンティア精神が必要ということになります。それでも、門戸は確実に開かれてきています。

給与の安さも大きな壁

最近は結婚しても働き続ける女性保育士も増えてきましたが、長い間、女性保育士の多くが結婚退職をして、また新人が入ってくるというような風潮がありました。そのため、全体に給与水準が低く、長く働き続けた場合の給与体系が整っていない施設があったりで、男子一生の仕事ととしての実績が少なく、保育を目指す男性の障害の一つになっているといえます。給料の安定している公立に就職できれば別ですが、自治体によっては公立の少ない地域もあります。

男性保育士だからできること

家庭にお父さんがいるように、保育施設に男性保育士がいることはとても自然な事です。特に男の子にとっては、ちょっと乱暴なダイナミックな遊びを共有できたり、子どもといえども女の先生には言いにくい、男どおしの話ができたりというメリットがあります。女の子にとっても、普段自分の父親と接する時間が少ない子にとっては、日常的に身近な大人の男性と接することができ、少なからず社会性を育む場となるはずです。男性と女性がともに働くということも自然に受け入れながら、成長していきます。男性保育士がもっと活躍できる環境が整うことが求められています。

保育園の求人の応募条件をきちんと確認することで、魅力的な職場をじっくりと見極めることがとても重要です。

Comments are closed.