面接で第一印象を決める書類!履歴書・・・

アルバイトをするときにも履歴書は必須です

アルバイトをする際には履歴書が必要ですが、履歴書には今までの学歴や職歴を細かく書く必要があります。履歴書に学歴を記載する場合には小学校入学から最終学歴を記載します。学歴と職歴は同じ用紙に記載しますが、学歴の上には学歴と記載して職歴の上には職歴と記載しましょう。職歴は入社日と退職日を記載します。未成年がアルバイトをするときには保護者の同意が必要不可欠なので、履歴書の一番下には保護者が記載する項目があります。

履歴書は黒のボールペンで記載しましょう

履歴書を書くときには鉛筆や色ペンで書くことは好ましくありません。履歴書は黒のボールペンで記載する必要があり、誤って書いた文字を修正することも避けるべきでしょう。履歴書に文字を記載するときには、文字を崩さずに丁寧に書くことを心がけて記載する必要がありますが、綺麗に書くことによって第一印象が良く見えます。氏名の部分には印鑑を押しますが印鑑はシャチハタではなくて、認印を使用することがマナーです。初めてアルバイトをする人にとっての履歴書は社会へ出る始めの一歩なので、大切な書類になるでしょう。

履歴書には規格があります

履歴書にか規格があり、販売されている履歴書は全て規格に沿って作られています。履歴書はインターネットでダウンロードが簡単にでき、自分で作成することも可能ですが、履歴書には規格があるので一番良いのはコンビニなどに販売されている履歴書を使うことが一番望ましいでしょう。規格に沿った履歴書を使用することで企業側も規格に沿った履歴書の方が見やすいので、企業側のことを考えて履歴書を選んでいることが伝わるでしょう。

接客の求人の種類として、飲食店や小売店などのアルバイトがあり、各自の希望に応じて求人に申し込むことが必要です。

Comments are closed.