ガソリンスタンドでの主な仕事を3つ紹介します

給油作業がメインになります

ガソリンスタンドでは来客したお客さんを給油機まで誘導し接客するのがメインの仕事になります。お客さんに油種や数量を聞き取り、給油作業に入り窓ふき、灰皿清掃などをします。また、簡単な日常点検、タイヤの空気圧の確認などのサービスも行います。店舗によっては、梅雨時であれば水抜き材の販売促進、寒い時期であればラジエーターの凍結防止剤の販売促進をしなければなりません。タイヤ販売でのインセンティブを設けている会社もあるので、バイトでもかなり稼ぐ事は可能です。

配達業務も重要な仕事です

ガソリンスタンドでの配達業務は1日がかりになる事もあります。そのため、専任でのスタッフを配置したり、日替わりローテーションを組んだりしています。配達の仕事で大事なのは、配達先までのルートを完全に頭に入れて置く事です。時間指定などもあるので余分なルートを辿ると約束の時間を守れなくなります。また、顧客によっては灯油や重油の単価が違うので気を付けなければいけません。配達で意外にも時間を取られるのは精算時なので、単価や数量毎の料金も完全に覚えておく必要があります。

オイル交換は意外と大変です

ガソリンスタンドでの最大の収益はガソリンの販売ですが、それに匹敵するぐらいの収益はオイル販売になります。そのため各店では、月間目標を掲げ、キャンペーンも定期的に行っています。簡単そうに見えるオイル交換ですが、実は車種によって交換方法が異なるためある程度の経験が必要とされます。また、オイル交換時にオイルエレメントの交換を依頼される事がありますが、経験が浅い人にはハードルの高い作業になります。工具の使い方から学ぶ必要があります。

ガソリンスタンドでのバイトを希望しているなら、応募要項を念入りに確認しましょう。求人の件数が多いので、選び甲斐があります。

Comments are closed.