どうやって募集するべき?人事担当の立場から考える求人情報

求人情報誌で募集する

人事の立場からすると、求人を出すならたくさんの人に応募してもらいたいものですよね。基本かもしれませんが、やはり求人情報誌に求人を出すのが効果的でしょう。求人情報誌は仕事を探している人によく読まれているものなので、応募も集まりやすいはずです。駅やコンビニなどの身近な場所にあり、手に入りやすいことも大きなメリットと言えるでしょう。コストをかけることで、求人情報を大きく載せられるのも魅力的なところですよね。

求人サイトで募集する

求人情報誌を展開している企業は、同時に求人サイトを運営していることも多いものです。また、求人サイトを専門に展開している企業も数多くありますよね。求人サイトではネットでの応募に対応しているため、求人の流れをよりスムーズに行えるのがポイントなんです。ネットでエントリーしてもらうことで、応募者の選考もしやすくなるはずです。先に書類を送ってもらう手間もなくなるので、応募者にとってもうれしいサービスですよね。

自社のホームページで募集する

企業によっては、急ぎの求人ではないのでじっくり選考を行いたい、というときもあるでしょう。そんなときは、自社のホームページに求人情報を載せるのが効果的かもしれません。ホームページを見る人は、その企業に興味があるということにもなりますよね。そのため、求人のマッチングもうまくいきやすくなるでしょう。掲載料もかからずコストも最小限で済むので、応募がなかなか集まらず求人が長期的になったとしても安心ですよね。

施工管理の求人は数多く見受けられます。それぞれの求人を比較検討して、自分の都合に応じて選ぶことがポイントです。

Comments are closed.