どういう人が向いているの?保育士という仕事のやりがい

保育士になりたいという理由

保育士になりたい、と考える人はまず、子供が大好きというのが絶対に必要な条件でしょう。というのも小さな子供達は、元気一杯で走り回ったりはしゃぎ回るだけでなく、様々な形でわがままを言ったり、保育士を困らせたりします。そういった子供達を世話するのは、体力的にハードであるだけでなく、愛情を持って接する事が出来ないと子供達も言う事を聞いてはくれません。以上の事からも保育士になるには、子供が大好きで深い愛情を持っている事が絶対条件であると言えます。

知っておくべき保育士の役割

保育士の役割は、当然ですが小さな子供達が危険がない様に、出来るだけ目が行き届く場所でお世話をする事でしょう。ですがそれだけでなく、子供達が伸び伸びと育って行ける様に、成長をサポートして行くという役割も重要だったりするんですよ。というのも保育園に来る子供達は基本的に両親が働きに出ており、自宅で過ごすよりも保育所で過ごす時間が多いという子供が多くいます。そのため、危険があってやってはいけない事をきちんと教え込んだり、食事をきちんと食べさせたり、昼寝をさせる等、心身共に子供の成長をサポートする役割を担っているんですよね。なので向き不向きで言うと、マメな性格の人が向いていると言えるでしょう。

保育士になるための方法

保育士は、小さな子供達を危険がない様に気遣いつつ、きちんと世話する必要があります。そのため希望する誰もが就ける様な甘い職業ではなく、保育に関する専門知識を学んだ後、保育士の国家資格を取得しなければなりません。ただし国家資格を取得する方法は2つあり、まずは専門の養成学校に行き、学校の卒業と同時に資格を得るという方法です。もう1つは、国家試験を受験して合格し、資格を得るという方法だったりします。ただし保育士の国家試験は合格率が低く難解なので、専門の養成学校に通うという方法が無難であり、おすすめ出来るでしょう。

保育士の求人なら東京がおすすめです。東京は保育士不足で、いい条件で仕事をする事ができるので便利です。

Comments are closed.